恥ずかしく聞けない!包茎を放置するデメリットと治療の必要性

包茎の種類と特徴って?

包茎の種類には、仮性包茎・カントン包茎・真性包茎の3種類があります。仮性包茎は、日本人の中で最も多いとされていて、普段は包皮に亀頭が覆われていますが痛みなく露出させる事が出来る事や性行為の際にも痛みがない症状が軽い事が特徴です。カントン包茎は、無理やり亀頭を露出させる事は出来るが痛みが伴います。1番重症とされているのが真性包茎で、勃起時だけではなく普段から亀頭を露出させる事が出来ない事や勃起時に亀頭や陰茎が圧迫される事で激しい痛みを感じる事が特徴として挙げられます。

包茎を放置するとどうなるの?

包茎にコンプレックスを感じて放置している方も多いですよね。特に仮性包茎の方は痛みがない事から治療を受けない方が多い傾向があります。しかし、包茎は普段亀頭が包皮に覆われている事で不衛生な環境となっている事から恥垢が溜まりやすかったり、悪臭を放つといった特徴がある事や包茎ではない方と比較すると性交渉による性病の感染率が高くなっています。また、刺激される事に慣れていない事で早漏の方が多く、恋人と満足出来る性交渉が出来ないといった方も多い事から治療する事が推奨されているんですよ。

包茎の治療方法って?

包茎の治療をインターネットで検索すると自宅で行う方法も見付ける事が出来ますよね。しかし、自分で行う方法では怪我をする可能性が高い事や無理矢理包皮を剥いた事で元に戻らなくなるといった危険性があります。自宅での治療は完治しない事が多くなっているので恥ずかしくても病院でしっかりと治療する事が賢明となっているんですよ。現在の包茎治療では、手術跡が目立ちにくくなっている事で周りの方に気付かれる心配もありません。

包茎は男性特有の悩みの種と言えます。病気とは異なりますが、特に日本人に多く、手術などで改善する方も少なくありません。